【画期的な方法】サプリで身長を伸ばすなら同時に運動もこなして体力促進

カプセル

食生活改善で対応可能

和食

ぜいたく病と呼ばれる理由

痛風はかつて、「ぜいたく病」と呼ばれていましたが、近年では食生活が豊かになったため、誰にでもなる可能性がある病気です。ぜいたく病と呼ばれていた理由は、痛風患者の共通点として、魚介類や肉類、ビールなどの食品の摂取が多いためです。これらの食べ物には痛風の原因となる「プリン体」と呼ばれる物質が豊富に含まれています。プリン体の含有が特に多い食べ物が、ビール酵母や煮干し、牛肉をはじめとした様々な肉のレバー全般です。これらの摂取がなぜ悪いのかと言いますと、プリン体は、体内で代謝されると、尿酸という物質に変わってしまいます。そして統計データでは、痛風患者のうち、99%が高尿酸値であることが判明していることからです。

糖尿病対策と並行して

したがって、痛風予防でまず第一に考えなければならないのは、食生活の改善ということになります。痛風患者は、糖尿病を併発しやすいというデータもありますので、魚介、肉などのプリン体の過剰摂取を控え、カロリーを抑えることを考えることが、これらの病気を予防する方法です。また、痛風患者の共通点は、尿酸値が高いことからもわかるように、尿が酸性になりがちです。アルカリ性の食品を多く摂取することも予防法の1つと言えます。ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含む食品群は、尿をアルカリに傾けます。海藻類や野菜、根菜やきのこ類にはミネラルが豊富ですので、摂取を心がけると良いでしょう。もし、プリン体を含むものを多く食べてしまったときは、水分を多く摂取して、尿酸を尿として排出することも併せて行いましょう。また、飲酒は尿酸値を上げるはたらきがありますので、適度に抑えることも痛風予防になります。